【NHKマイルカップ2018】調教師・助手コメント集【東スポ動画】

【NHKマイルカップ2018】調教師・助手コメント集【東スポ動画】

競馬界の女神・稲富菜穂がケイアイノーテック・平田修調教師を直撃!

【NHKマイルカップ(日曜=6日、東京芝1600メートル)稲富菜穂のだいじょばないWeb編】今週は3歳マイル王を決めるGⅠNHKマイルカップ(芝1600メートル)が東京競馬場で行われる。トライアルのアーリントンC、ニュージーランドT組のほか、牝馬戦線からの転向組など他路線組にも有力馬がおり、かなりの混戦模様だ。そんな中でデビューから6戦全てマイルの距離を使い、このレースを一番の目標に掲げてきたのがケイアイノーテックだ。前走のニュージーランドTではカツジの強襲に遭い2着に敗れたが、平田調教師は「内で競っていた馬をかわしたところで外から差されてしまったもの。権利は取れたし賞金も加算できたので上々の内容だった」と胸を張る。騎乗予定だった武豊が22日の競馬で騎乗停止となるアクシデントはあったものの、すぐさまピンチヒッターとして藤岡佑を確保。「ユタカ君が乗れないと情報が入ってから速攻で(騎手確保に)動いた」など、バタバタした22日当日の舞台裏も明かしてくれている。この馬の一番の強みを「瞬発力」と即答したトレーナー。厩舎にとっての初GⅠ勝利(2012年カレンブラックヒル)となった縁のあるこの舞台で、再び栄光をつかむため渾身の仕上げを施す(4月25日撮影)。

ダノンスマッシュ・安田景一朗助手 未完のスマッシュがスターダムへ

もみじS快勝後は思うように結果を残せていないダノンスマッシュ。だが、陣営は同じ敗戦でも前走のアーリントンC(5着)に一筋の光を見たという。果たしてその内容とは?(4月25日撮影)。

カシアス・清水久詞調教師 東京マイルに挑む光速の一等星

世代最初の重賞ウイナーとなったカシアス。この中間は調教法を変え、清水久調教師は東京マイル克服へ確かな手応えを感じている。動画の最後には看板馬キタサンブラック不在の現状に思わず本音も?(4月25日撮影)。

レッドヴェイロン・和田直人助手 マイルに強い一族が送り込む赤いスーパーカー

重賞ウイナー4頭を輩出した名牝エリモピクシーが生んだ新たなG候補生。未勝利を勝つまでに時間はかかったが、その分積み重ねてきたキャリアは他馬にはない強みだ(4月25日撮影)。

アンコールプリュ・友道康夫調教師 府中で化ける血統の底力

桜花賞(11着)惨敗も意に介さず、東京マイルでの反撃を目論む友道調教師。早くからこのレースを目標にしてきたのは牡馬撃破に自信があるからこそだ(4月25日撮影)。

カツジ・池添兼雄調教師 勢いそのままにGⅠ制覇へ

前哨戦のニュージーランドTを制して一躍主役候補へと躍り出たカツジ。馬名のごとく勇猛果敢なタイプかと思いきや、馬房の中ではスヤスヤと睡眠中。そのギャップに競馬界の女神・稲富菜穂もメロメロだ(2日撮影)。

東スポ動画チャンネル 今回は『2018年 NHKマイルカップの調教師・助手コメント集』の動画です。レースに有力馬を出走させる陣営はレース前にどのような思惑を描いているのか。

コメント