【ヴィクトリアマイル2018】調教師・助手コメント集【東スポ動画】

【ヴィクトリアマイル2018】調教師・助手コメント集【東スポ動画】

競馬界の女神・稲富菜穂がレッツゴードンキ・前原玲奈助手を直撃!

今週は古馬牝馬クラス春の頂点を決めるGⅠヴィクトリアマイル(日曜=13日、芝1600メートル)が東京競馬場で行われる。スピードだけでなく、パワーとスタミナも要求される過酷なタイトルマッチに今年も多彩かつ華麗なメンバーが顔を揃えた。そんな中でデビュー2戦目から25戦、ずっと重賞競走を走り抜いてきたタフネスがレッツゴードンキだ。去年のヴィクトリアマイルは道中ひっかかって11着に敗れたが、その敗戦を糧として前原助手は梅田調教師に調整方法の変更を提案。その策がドンピシャにハマり、この中間はリラックスした様子を維持できているという。競馬では持ち前の勝負根性を発揮して牡馬顔負けのレースを展開するが、ひとたびレースが終わって馬房に収まるや、かわいらしい女の子に戻る〝ギャップ萌え〟も魅力のドンキ。今回の動画でも前原助手の袖や競馬界の女神・稲富菜穂のブルゾンを甘がみする〝はむはむタイム〟を披露し、周囲をなごませてくれた(2日撮影)。

リスグラシュー・北口浩幸厩務員 戴冠の時来る

これまでGⅠ2着3回と涙をのんできたリスグラシュー。あとひと押しが欲しいと願う北口厩務員は、ハーツクライ産駒の成長力で悲願達成を目論む(2日撮影)。

カワキタエンカ・浜田多実雄調教師 大ケヤキでひと息入れよ、それがカワキタ〝演歌道〟

前走の福島牝馬Sは後続の厳しいプレッシャーにも負けず2着に踏ん張ったカワキタエンカ。浜田調教師はメンバー強化のGⅠでマークが薄くなることを想定し、気楽な一人旅を狙う(2日撮影)。

ジュールポレール・西園正都調教師 兄が見た絶景を求めて

2012年マイルCS覇者サダムパテックの半妹ジュールポレール。兄とは違った気の強さこそ、この馬の原動力と話す西園調教師。去年(3着)以上の走りを約束してくれた(2日撮影)。

レーヌミノル・中井仁助手 マイルで輝きを増す桜のティアラ

桜花賞V、マイルCS4着と好成績を残すマイルの舞台に戻り、「ここに100%を持って行くつもり」と渾身仕上げを約束する中井助手。メンタル面も非常にリラックスし、心身ともに申し分ない状態だ(2日撮影)。

ミスパンテール・昆貢調教師 逃げ馬にも差し馬にも化ける〝牝豹〟地を駆ける

重賞3連勝で一気に古馬牝馬の頂点に手をかけたミスパンテール。アッと驚く逃げの手に打って出た前走の阪神牝馬Sは、陣営が想定していたレースだったのか? ここ最近の充実ぶりの要因は? 栗東の策士・昆調教師が明快に解説してくれた(2日撮影)

東スポ動画チャンネル 今回は『2018年 ヴィクトリアマイルの調教師・助手コメント集』の動画です。レースに有力馬を出走させる陣営はレース前にどのような思惑を描いているのか。

コメント